UVコーティング | リフォームの際にはフローリングをコーティングして美しい床に
刷毛で塗る作業

UVコーティング

フロアコーティングの中でも、最も頑丈とよばれているものがUVコーティングです。
紫外線で硬化する樹脂をフローリングに塗っていき、紫外線ライトを当てていくというものです。
UVコーティングは、耐久年数が30年以上ととにかく長いことが特徴です。とにかく長持ちをさせたいという人がよく使用する傾向があります。
身近なところでも、使用されている素材です。
家具やピアノの塗装、携帯電話等にも使用されている一般的な素材になります。
強い塗装面をつくることが出来るので、耐摩耗性に優れています。
瞬時に硬化するので、乾燥の待ち時間がなく、短時間で塗装が終了するというのも大きなメリットです。

フロアコーティングの中でも、UVフロアコーティングはコストが高くなりがちです。
しかし、効果が30年以上も続き、10年以上ワックスをかける必要がありません。
手間やワックスのことなど、長期的な目で見た時に、UVフロアコーティングはお得になります。
日光や水、湿気にも強いことが特徴です。
他の素材よりもツヤを出すことが可能なので、床をピカピカに仕上げたいと考えている人にも向いている素材です。
また、UVフロアコーティングは、塗り直しが可能です。
30年以上耐久性があるので、塗り直すことはほぼないですが、一度UVフロアコーティングを行った床に塗り直しを行うことができます。
耐熱性や、UVカット効果もあり、長年の劣化から床を守ってくれます。
なお、アンモニアや酸、アルコール等の強力な溶剤にも強いという特性があります。
子どもやペットがいるようなお家の場合、掃除が非常に楽になります。